トレンド系チャート

トレンド系チャートとは、相場が上昇傾向にあるか、それとも下降傾向にあるかを示すチャートです。
相場全体の流れの予測に使用されています。
トレンド系チャートがどのようなものがあるのか紹介します。

ローソク足
すべてのトレーダーが利用しているといっても良いほど、トレンド系を代表するチャート。
ローソク足のような形をしていることから名付けられている。
ローソクの足が値動きの幅を示しており、一日の値動きを示す日足、週単位の値動きを示す週足、月単位の値動きを示す月足などがある。

移動平均線
過去の一定期間のレートを平均してグラフ上に表わしたチャート。
ローソク足と併用して使用されることが多い。
将来の値動きの予想に効果的。
ただし、他のチャートと組み合わせて使用したほうが勝率は上がる。

一目均衡表
日本人が開発した数少ないチャートのひとつ。
基準線・転換線・先行スパン・遅行スパンで構成されており、値幅よりも時間に重点をおいている。
トレンドが分かりやすいということで、現在は数多くのプロトレーダーも愛用している。