「トレード戦略」カテゴリーアーカイブ

ハイローオーストラリア攻略基礎知識2 ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、2本で1組のラインの内側に何%の確率でローソク足が収まるかを表したものです。
言葉上での説明だけでは難しいので、まずは上図をご覧ください。

 

緑、赤、青で色分けされている通り2本で1組になっています。
そしてこれらのラインの内側に赤と青のローソク足が収まっています。
ほとんどのローソク足が青いラインの内側に入っていますが、
これは以下で説明する「ラインの内側に収まる確率」が関係しています。

 

 

1σのライン・・・約68.3%緑
2σのライン・・・約95.5%赤
3σのライン・・・約99.7%青

 

青いライン3σのラインの内側に収まる確率は約99.7%なので、
ほとんどのローソク足はこの3σのライン内にあります。

 

上図のうち、
ひげ”で一時的に3σラインを超えているものもありますが、
最終的には四角い実体部分が収まっているのでボリンジャーバンドの計算通りということになります。

 

このボリンジャーバンドの特性から、
トレードにおいては3σなどのラインを抜けたときに逆の予想をします。

 

例えば、上の3σを超えたらそこから下がると予想する、
下の3σを超えたらそこから上がると予想するといった感じです。

 

ここでσのラインのうち、
1σを参考にすることはほとんどありません。

 

なぜなら上記の確率では約68.3%ですし、
図を見てもほとんど1σで跳ね返っている部分が見当たりません

 

取引に使うのであれば、
やはりそれなりに跳ね返りやすいものを使いたいので3σのラインをメインに使っていきます。

 

ここまで読んだ時点で改めて冒頭の文章と画像を見てください。
そこで理解出来たらボリンジャーバンドの基礎知識に関しては問題ないと言えるでしょう。

 

ボリンジャーバンド設定方法については下記ページで説明しています

ハイローオーストラリア 判定タイプ

ハイローオーストラリアはレンジ設定のある「HighLowスプレッド」や「Turboスプレッド」があります。これらはペイアウト率2倍となっているので一気に利益を出すことも可能。
レンジ設定がない場合は「HighLow」や「Turbo」と言われており、こちらは1.8倍以上のペイアウト率で取引ができます。
ハイローオーストラリアは最短30秒から取引ができるので自分の経験や投資スタイル、値動きに合わせて取引方法を変えていくこともできるのです!

ハイアンドロー ワンタッチ レンジ 60セカンド その他

リスク管理

バイナリーオプションで予想が外れてしまった時、投入した投資金が失われてしまいます。

しかし、バイナリーオプションの取引では自分で投資した金額以上の損失は発生いないわけですから、取引時点で「外れた時のリスク」は予め把握することができるというのもバイナリーオプションの特徴です。

このリスクをしっかり把握して、身の丈にあった投資を心掛けることでFXのような「気がついたら損失が膨らみすぎていた…」なんて心配をする事はまずありません

投資と聞くと一世一代の大勝負と勘違いする方がいますが、こういったこういったコツコツ積み重ねることで利益を着実に伸ばしていくことこそ心掛けなければならない事なのです。